Ball Valve Certificate

ゲートバルブ

ホーム > 製品カテゴリー > バルブ > ゲートバルブ

ゲートバルブはフロー制御の必要な流体を扱うシステムで広く使用されており、典型的なゲートバルブはフルオープンまたはフルクローズで使用するように設計されています。フルオープンの状態では、典型的なゲートバルブでは流路に障害となるものがないため摩擦損失が非常に小さくなります。

ねじ込み型ゲートバルブ middle 2029
2029

フランジ型ゲートバルブ middle 2054
2054

 

ねじ込み型ゲートバルブ

フランジ型ゲートバルブ

 
  1. 1/4"~3" (DN8~DN80)
  2. W. P.: 200WOG
  3. W. T.:-20℃ ~200℃ (-4℉~392℉)
  4. Investment casting
  5. Non-rising stem
  6. Thread type: ASME B1.20.1 (NPT), DIN 2999 & BS21 ISO7/1 & EN10226
  1. 1/2"~36" (DN15~DN900)
  2. W. P.: PN10/16/25/40
    CLASS 150/300/600/900/1500
  3. W. T.:-20℃ ~200℃ (-4℉~392℉)
  4. Investment casting
  5. Rising stem

 

 

手動式 鋳鉄製 ナイフゲートバルブ

手動式 ステンレス製 ナイフゲートバルブ

手動式 鋳鉄製 ナイフゲートバルブ middle 2092-01

2092-01

手動式 ステンレス製 ナイフゲートバルブ middle 2092-02

2092-02

 

空気圧タイプ ナイフゲートバルブ

空気圧タイプ ステンレス製 ナイフゲートバルブ

空気圧タイプ ナイフゲートバルブ middle 2092-03

2092-03

空気圧タイプ ステンレス製 ナイフゲートバルブ middle 2092-04

2092-04

 

電気モータータイプ ナイフゲートバルブ

空気圧タイプ ナイフゲートバルブ

電気モータータイプ ナイフゲートバルブ middle 2092-05

2092-05

空気圧タイプ ナイフゲートバルブ middle 2092-06

2092-06

 

空気圧と手動式 ナイフゲートバルブ

空気圧タイプ ステンレス製 ナイフゲートバルブ

空気圧と手動式 ナイフゲートバルブ middle 2092-07

2092-07

空気圧タイプ ステンレス製 ナイフゲートバルブ middle 2092-08

2092-08

   
空気圧タイプ ステンレス製 ナイフゲートバルブ 空気圧タイプ 鋳鉄製 ナイフゲートバルブ

空気圧タイプ ステンレス製 ナイフゲートバルブ middle 2092-09

2092-09

空気圧タイプ 鋳鉄製 ナイフゲートバルブ middle 2092-10

2092-10

   
手動式 鋳鉄製 ナイフゲートバルブ 空気圧タイプ ナイフゲートバルブ
手動式 鋳鉄製 ナイフゲートバルブ middle 2092-11

2092-11

空気圧タイプ ナイフゲートバルブ middle 2092-12

2092-12

   

空気圧タイプ ステンレス製 ナイフゲートバルブ

空気圧タイプ 鋳鉄製 ナイフゲートバルブ

空気圧タイプ ステンレス製 ナイフゲートバルブ middle 2092-13

2092-13

空気圧タイプ 鋳鉄製 ナイフゲートバルブ middle 2092-14

2092-14

Haitima(ハイティマ)は27年以上にわたりボールバルブの製造に専念してきました。「完璧」を私たちが追求する唯一の目標として日々努めています。永続性と努力そして20年以上の経験によって、私たちは台湾においてバルブ製造のリーディング企業の1社になりました。お客様に高品質なバルブを提供するため、私たちは常にお客様のニーズと要件に関心をもっています。当社のバルブ製品にご興味がございましたらご遠慮なくお問い合わせください。ご希望に適えるよう最高の品質と価格をご提案させて頂きます。お客様からのお問い合わせは大歓迎です。

生産拡大中

Haitima Corporation(ハイティマ コーポレーション)は生産面において非常にユニークな会社です。製品のすべてを自社で製造しており、外部から入手した材料のみスクラップになります。バルブ生産においては、鋳造、組み立て、検査、製品の最終仕上げや出荷の準備作業に至るまで、すべての作業を自社で実施しています。1つ屋根の下ですべての作業を実施し続けることによって、バルブの品質について最初から最後まで保証することができます。これはお客様にとって非常に重要なことであり、私たちが高品質のバルブを製造していることが事実であることを、お客様に信じて頂くことになります。この品質管理の点に加えて、もう1つは、バルブを販売するだけでなく、鋳造品、部品、テフロンなどのバルブ構成部品についても販売していることです。バルブ部品、鋳造品あるいはテフロン部品のみを必要としている企業があります。これは自分たちで補修するためであり、私たちは適切な材料で製造した部品を提供することができます。私たちは世界各地に約20万個のボールバルブを提供していますが、これに加えて月間300トンもの鋳物を輸出しています。

お客様の要望に基づいたコンセプトをもち、製品範囲を拡大することによって、新たな展開が実現可能であることをHaitima Corporation(ハイティマ コーポレーション)は悟りました。投資した年月と関係企業との協力を通じて、バルブだけでなく、パイプ、継手、フランジ、さらに空気圧アクチュエータを含む鋳造品についても、Haitima(ハイティマ)で提供することが今日できるようになりました。そのほとんどはこの中山工場で生産されています。この背景となる最初のアイデアは、お客様がバルブを購入すればおそらくパイプや継手も必要になるであろうし、また、ボールバルブを注文すればおそらくアクチュエータも必要になるであろうということに気付いたことです。 提供実績のあるお客様の間ではHaitima(ハイティマ)のバルブ品質の高さは有名です。そこで私たちはバルブと同じ高品質をもつ関連製品を提供することを開始しました。空気圧アクチュエータが最新の開発製品になります。

私たちはパートナー企業を通して何年にもわたりこの事業を行ってきました。しかし、昨年、私たちは自身の工場で生産を開始することにしました。私たちはこの分野におけるビジネス経験を持っており、またノウハウや製品の品質を保証するためのツールや検査機器などを備えた工場設備をすべてもっています。当社のアクチュエータは流体制御の産業界において、いくつかの主要な国際的販売代理店によって好評価をすでに得ています。

Haitima Corporation(ハイティマ コーポレーション)は様々な産業界で使用される多くの種類のバルブを生産しています。主な製品は次の通りです。1ピースタイプ、2ピースタイプ、3ピースタイプのフランジ型やねじ込み式ボールバルブ、ゲートバルブ、石油や天然ガス用のグローブチェックバルブ、鉱業や鉱物処理、化学や石油化学産業、原子力発電部門も同様です。これら産業界のために生産しているすべてのバルブは、もちろんファイアーセーフと高圧に関する安全承認を得ています。私たちは最大10インチ、DN 250のバルブと、1/8インチから4インチの小さなサイズの継手を生産しています。アクチュエータは最大300までこちらでご覧頂けます。

グローバル戦略

Haitima Corporation(ハイティマ コーポレーション)は国際市場をターゲットに28年前から100%輸出事業を行ってきました。ヨーロッパと北米が現時点では最大の市場ですが、南アジア、中東、南アフリカ、南米の市場は成長しており期待ができそうです。様々な市場分野に参入するため、Haitima Corporation(ハイティマ コーポレーション)は多くのエネルギーと投資を、製品の仕様、保証、品質に費やしてきました。鋳造のためのDNV、ISO 9001、API 607 火災安全承認、CRN登録、PEDモジュールH承認、3Aを既に取得しており、さらにAPI 6Dを取得する過程に現在あります。これらの保証とヨーロッパとアメリカの基準にしたがってバルブを製造した事実は、1つの部品としても製品全体としても提供できるのと同様に、私たちの強みと可能性をバルブの世界においてお客様に示すことになります。Haitima(ハイティマ)はヨーロッパで製品を販売するため製造メーカーによって取得が必要になるPED認証を保持しています。米国ではごくわずかなOEM製品でお客様によって必要になるものがあります。

将来の成功

経済情勢の悪化にもかかわらず、Haitima(ハイティマ)の事業は成長し続けています。ありがたいことに多くのお客様がバルブのサプライヤーを訪問するためアジアに来られる計画をもっています。今年3月以降、数名のお客様が私たちの工場を訪問されましたが皆さん満足されました。誰もが知っていることですが、ビジネスにとって昨年は非常に悪い年でした。そこで、より詳しく状況を把握するため、私たちは影響を受けているヨーロッパのお客様のもとを訪問しました。原材料の価格が再び上昇しているため、今年はさらに悪くなりそうであると、彼らは私に言いました。お客様は2010年の1年間分について計画して注文する傾向があることから、1つの注文で出荷は数ヵ月ごとになるであろうことを、私たちにとっては意味しています。今、多くのビジネスが元に戻ろうとしているように思えます。これは本当に良い兆候です。

近い将来の計画としては、Haitima(ハイティマ)は新たな開発の拡大と実現を続けることです。私たちは新たな施設を購入する計画を立てており、容量が大きくより品質の良い製品を生産できる鋳造用の新しい設備を輸入することになります。例えば、私たちの鋳造工場で熱処理を行う予定です。一方、いくつかの主要地域の市場で現在の販売網を拡大する予定です。カナダのバンクーバーに倉庫を1つすでに設置しており、販売店をサポートするため、東京、フィリピン、中国、台北に支店を開設しました。そして今、オランダのフェンロー近くに新しい倉庫を設置する予定です。

現在、台北にある営業本部から頻繁に電話があります。多くのお客様ができるだけ早く製品を入手できるようにする必要があると私に言ってきます。私たちは何年にもわたりオランダに新しい倉庫を設置することを考えていました。今、Haitima(ハイティマ)は約5,000平方メートルの広さの倉庫を購入することを決めました。この新しい施設の使用を開始することによって、製品を倉庫に送ることができるようになり、お客様により良いサポートができるようになります。一例を挙げると、2インチのボールバルブが必要な場合でも、台湾や中国から出荷するためさらに2ヶ月間必要になりお客様は待つことができません。3日以内またはその週の時間内に配達できる製品が倉庫にあると知れば、お客様はとても喜んでくれるでしょう。

サービスがカギ

最も重要な関心事の1つは品質ですが、Haitima(ハイティマ)ではサービスについても常に焦点を当てるべきであると、社長のShen Ming-Show氏は強調します。彼は続けて言います。「製品の品質を100%完璧に保証することは誰もできません。しかし、製品に問題があればお客様の手助けをするために常に最善の努力をするべきです。」さらに、彼と彼のチームはお客様との関係を維持するため、既存のお客様だけでなく新たな未来のお客様を見つけるため絶えず世界を旅しています。彼はこの背景にある理由を次のように説明しています。「企業がお客様と親密な関係を築く必要があることは明らかです。しかし、私たちの場合、彼らは非常に有利な傾向にあります。この理由の1つは、ビジネス上の取引相手の企業と真の友情を築くことに努めているからだと考えます。ビジネス上の取引きだけをしている感覚をもったことは決してありません。厳しく常に変化する産業においては特に珍しいことと私は考えます。